島国の秘密、探しています.........
海と空をつなぐ青
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
即決即断
2006-09-22-Fri  CATEGORY: 熱闘広辞苑

《21日》

 第 15 回           
 
ルール説明: http://blog.goo.ne.jp/rakuda82/e/3ca4e56dde1cb2f2164ec7aaba72af7e
 今回記事まるページ: http://blog.goo.ne.jp/kyongfa87/e/d31f91fbc083b2c5206f636a206b9859
 ※ 
隔週日曜日のアップに変更になりました

**************

四字熟語データバンクhttp://sanabo.com/words/archives/2001/09/post_702.html)によると、

「即決即断」とは、時機・チャンスを逃さず、即座に決断を下すこと、らしい。
類義語「即との違いは、チャンスを逃さない!ということ。
つまり、ただ速く決断するだけではダメなのだ!
良い結果を生み出すための、速い判断ということがポイントとなる。

ここで小生が思い出したのは、織田信長!http://ameblo.jp/onigiri15/day-20060602.html

以前のブログで、彼については少し触れたことがあるが、彼はこの熟語を象徴する人物ではないかと思う。信長は、その独特の感覚で、「即決即断」を体現し、数々の業績を残した。ただ、それはあくまで政治家としての視点に基づくものである。周知のように、「即決即断」によって多くの人々が犠牲となり、悪い結果も少なからず招いている。自身もその悪影響か
?!家臣の謀反により、早死にした.........。 
信長とはタイプは異なるが、馬力と根性即断を好結果へと無理やり導いた秀吉も、ある意味同じ部類にくくられようか?! 

二人と対照的なのは、やはり家康であろう?! 
一般に、彼のイメージに「即決即断」の感はないかもしれない。だが、重要な時々に、上記2者同様、家康は冷静な状況判断(即決即断)を行っている。ただ、その多くが、表面上ガンガン攻めて押し進めるものではなかっただけなのだ、と小生は感じている。

「即決即断、相対的にこの言葉は、人々に良い印象?!を与えるかもしれない。
だが、この言葉は、あくまである良い結果のみにこだわったものである
!?ということを、小生はここで喚起しておきたい。つまり、「即決即断」によって生じる、その他様々な性格の結果をあわせて考えることを、忘れてはならないと思うのである。


さて、一方で、「即決即断」の対照的四字熟語としてよく取り上げられる、

「優柔不断」(=
気が弱く決断力に乏しいこと)はどうであろう。

改めて漢字&語義の両者を見ると、必ずしも
「即決即断」の対義語ではないことに気づく。
個人的には、行動そのものの特徴よりも、精神性(気弱さ)が強調されていると感じる。
しかも、漢字の意味がやや歪曲されているようにも思える。

もし、漢字の意味をより忠実に訳するなら、
しく和な性格のため、人との関係をたない(or人の申し出をらない)、つまり、「心の広い人間(もしくはお人よし
?!とした方が適切ではないか?!.......


遅い、速い、チャンスを逃さない、良い結果を残す等々、「即決即断」という言葉からは、社会における様々な価値基準が浮かび上がってくる。 一方で、としてどうあるべきか?!(とどう接するのか?もしくは向き合うのか?)といった人間にとってもっと大事な問いかけを、「優柔不断」という言葉は投げかけているような気がした。

追伸: 熱闘広辞苑の更新、遅くなって申し訳ありませんでした。

(了)

** 執筆者、カテゴリの記事及び本ブログは岩波書店及び同社刊『広辞苑』とは一切関係がありません。

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
島津義弘
コメントCOO | URL | 2006-09-23-Sat 22:30 [EDIT]
戦国時代では、即決即断が今以上に必要とされていた時代だったでしょうね。
織田信長の桶狭間の戦い、豊臣秀吉の信長死後ただちに明智光秀追討へときりまわしの速さなんかが私としては印象的です。

そういえば関ケ原の戦いで秀吉不利となった時の島津義弘の敵中突破も即決即断が光っていたのではないでしょうか。なんてこの記事を見て思い起こした次第です。
逃げ方が立派だというわけでお咎めがなく、島津は江戸時代まで続く大大名になりましたよね。今の天皇にも島津家の血が入っているし。
COOさんへ
コメントonigiri15 | URL | 2006-09-23-Sat 23:41 [EDIT]
こんにちは。
COOさん、なかなか歴史にお詳しいですね!?

島津がお咎めなかった理由は知りませんでした.....。勉強になります。
確かに、そのときの彼の即決即断は、その後の島津家の運命を決めましたね!? 家が救われてから島津家は、江戸時代には朝鮮や琉球との交易を軸に発展し、明治維新~現代では南九州&日本を支える人々を多く輩出しましたから。

PS: 関ヶ原の戦いは、秀吉ではなく三成ですね!?
i miss Durham already
コメントどらまきん | URL | 2006-09-27-Wed 22:43 [EDIT]
ですよ~。
いまだに大学からメールとかきますからねえ・・・・ぱーちーのお知らせとか・・・今めっちゃヒマしてるんで行きたいっす。喜んで行きますよ、ええ。

さて、今回のお題、即決即断と優柔不断を対比させてらっしゃってなかなか面白かったです。
ビジネスの場でいうと、即決即断は欧米型、優柔不断は日本型ってかんじがします。
某弁護士曰く、日本では物事を決めるまでに(彼らの基準で)「異常に」長く時間がかかるのだとか。
でもその代わり日本人は決めたら行動早いで~欧米人(UKとは敢えて言うまい)なんかめっちゃ時間かかるやんか~・・・・とは口が裂けてもいえませんでした。はい。
どらまきんさんへ
コメントonigiri15 | URL | 2006-09-28-Thu 02:26 [EDIT]
ねえさ~ん、お久しぶりです!
最近、ブログの更新があまりなかったんで、ちょっと心配してましたよ!?

いや~、そうでしょう、ダラム戻りたいでしょう!?
そういえば先日、パーティーの買出しで酒を購入しに行くとき、まささんとビールをどのくらい買えばいいか、しばらく悩みました。そんで、誰とは言いませんが、「まきさんがいたら、迷わずガバッって買うんですけどね~......」って.......(笑)。 今度、11月ごろに、まささんが盛大な寿司パーティーをやるって言ってたんで、ぜひいらしてください。ちゃんとビールたくさん用意しておきますから(笑)。

記事へのコメント、ありがとうございました。
欧米の文化を積極的に取り入れ半ば同化し、経済的に発展してきた日本ですが、人間の行動の基盤となる思想や考え方になると、やっぱり違うんですかね~!? 深い、深すぎる!!
物質(考古学)からどこまで迫れるかわかりませんが、これからも、東アジア&日本 と 欧米&イギリス を比較しながら、両者の心の深層にも迫っていきたいと改めて思いました。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 海と空をつなぐ青. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。