島国の秘密、探しています.........
海と空をつなぐ青
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
中南部イングランドの旅(その3)
2006-08-20-Sun  CATEGORY: 旅:遺跡&博物館

《20日》

旅行記の続きです。 http://onigiri15.blog71.fc2.com/blog-entry-71.html

*********************

7月18日(2日目-1)

今回の旅行は、小生の専門鉄器時代に絡むので、訪れた場所ほとんどが、先史時代 関連です。 基礎知識を得たい方は、とりあえずこちらをどうぞ! → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%88%E5%8F%B2%E6%99%82%E4%BB%A3

9:30~ AveburyWiltshire) 
aveburymap

Stone Circle
新石器時代(紀元前3,000年頃)のストーンサークル
円形の溝とその外側にある土堤によって囲まれている。
用途に関しては様々な説が(儀式の場、日時計etc)……。
http://www.nationaltrust.org.uk/main/w-vh/w-visits/w-findaplace/w-avebury/

1.溝と土堤               2.ストーンサークルの一部  
583 590

3.倒れていた巨石を小生が元に戻したところ(左) ←当然、嘘です
.土堤から中心部を臨んだところ(右) ※悲しいかな、遺跡の真ん中を道路が突っ切っています……
593 614


.遺跡の傍にあるイケてるパブRed Lion
618

車で約10分、丘の上へ移動。

Windmill Hill
新石器時代(紀元前3,700年頃)、3つの円形の溝に囲まれた建物?が構築された。→儀式の場と考えられている。その後、青銅器時代(紀元前2,000年頃)になって、円形の墳丘からなるお墓が構築された。  http://www.english-heritage.org.uk/server/show/ConProperty.324


.遺跡の入り口           7.遺跡はどこだ?あのマウンドか?!
637 625

8.う~ん、いまいち……(左)
9.でも、遺跡の立地状況はようわかる(右)。木が並んでいるところが、川近くの低地
※基本的に水のあるところに人は集落(生活の場)を営む。逆に儀式の場やお墓は、見晴らしの良い高地に設けられることが多い。つまり、ハレの場の場が、新石器時代にすでに区別されていたんだな!ふむふむ。→これは日本でも同じ。

628 630

10.ん?、あそこに見えるこんもりした山は?!(木々の向こう: 次の目的地)
634


車で約10分、低地へ移動。
                                                                Silbury Hill
青銅器時代(紀元前2,350年頃)
に構築された謎のマウンド。発掘調査の結果、人の手によるものであることは判明したが、お墓や儀式のための建造物跡などが認められなかった。 う~ん、ミステリー!  http://www.english-heritage.org.uk/server/show/ConProperty.310

遺跡内は立ち入り禁止だったので、とりあえず近くで記念撮影
11.今回の旅でお世話になった愛車、韓国製キムチ君と一緒にまず、小生(左)。
12.続いて、まささん(右)。
644 645


記念撮影したところから、歩いて5分少々のところに次の目的地はありました。

West Kennet Long Barrow
新石器時代(紀元前3,400年頃)に構築された共同(再葬)墓地。いくつもの石の部屋からなる(それぞれに骨が納められていた)。その上を土が覆う。外観は数十メートルに及ぶマウンド。
http://www.english-heritage.org.uk/server/show/ConProperty.323

13.
.これがLong Barrow!(左)長っ。
14.マウンドに登って、ハイ、グリコのポーズ!(右) ←まっ、なんて不謹慎な!(笑)
646 651


15.石室の入り口には、巨石が立ち並んでいます。(左)
16.列石の脇から中に入れるようになっています。(右)
653 655

17.入り口から中を見たところ。 
18.中央通路の両脇に、このような小部屋が並んでいます。657 660

19.入り口付近から、先ほどのSilbury Hillを臨んだところ。 
666 ※こちらもお墓だけあって、やはり丘の上にあります。

車で数分移動。

The Sanctuary  
新石器時代(紀元前3,000年頃)に構築された木と石の組み合わせによるサークル。やはり、儀式の場と考えられている。 ※同様に丘の上
http://www.english-heritage.org.uk/server/show/ConProperty.308

20.遺跡入り口

21.現在は、木や石の柱があった場所にコンクリートの円柱が立てられ、復元?されています。 ※本来はもっと高~いものやったと思う..............

671 677

22.この日はバリ天気が良かった。このままどうにでもなれ~!
って思うぐらいの 青空!!

aozora1
     ねっ......

とりあえず、午前の部、終了

続く....................

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 海と空をつなぐ青. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。