島国の秘密、探しています.........
海と空をつなぐ青
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
の~べる
2008-10-08-Wed  CATEGORY: 独り言

《8日》

 

皆さんご存知のように、

先日、3人の日本人研究者が、ノーベル賞ば受賞した。352

 

同じ(全然レベルが違うばってん・大汗)学問ば志すもんとして、

また一日本人として、素直に喜ばしく思うた。290

 

受賞のニュースが飛び込んできてから、

関連する記事ば、サクサクって読んでみた。

 

そこで、ちょっと違和感のある記事に遭遇...。11


おそらく、今回の受賞ば受けてのことやと思うばってん、

 

は、

「科学技術政策の方向性を盛り込んだ01~05年の第2期科学技術基本計画で「50年間にノーベル賞受賞者30人程度を輩出する」ことを目標に掲げた。これは、ノーベル賞の自然科学3賞(医学生理学、物理学、化学)の受賞者数がその国の科学技術レベルを測る指標とされるためで、06年からの第3期基本計画にも盛り込んだ。」コチラより)

 

らしい...。

 

穿った見方かもしれんばってん、小生には、

 

ノーベル賞のため!220 国のため!82

 

っていう風に聞こえてならんやった...。

 

この辺、純粋に学問ばやっとる人間と、意識の差がある気ぃがする。13

(その差が大きいと、科学or学問の発展は妨げられる傾向にある。)

 

実際、今回の受賞者の一人は、次のように述べとる。

 

「我々は科学をやっているのであって、

 ノーベル賞を目標にしてやってきたのではない。」 と...。

 

同感であ~る。

 

 

同じ記事の後半。

 

は、

「多様性を目指して昨年から「世界トップレベル研究拠点プログラム」を始めた。 (中略) 研究だけでなく事務手続きもすべて英語で行うなど、世界トップクラスの研究者を集める。」

 

らしい...。

 

ここでも、再び違和感...。13

 

大まかな基本は、良しとしよう。


引っかかるとは、


「英語ができることが、世界トップクラスの条件!221


みたいなニュアンス...。


もうこの時点で、目標がズレとるし、ネガティブ って感じる...。403

 

今回の受賞者の一人ば見てん!


「一度も外国に行ったことがなく、英語アレルギー」
 ときたもんだ。


ま、やっとることが理論研究っちゅーこつで、ちょっとはわかる気ぃするばってん、

そげんでも、ノーベル賞ばもらうような立派な研究しとるっちゃけんね。


ここでも、
国のお役人が考えることと、実際学問ばやっとる人間の考えとの、

ギャップみたいなもんば感じざるを得ん...。13

 

 

あと、↑の記事から離れるばってん、ついでに...。

 

 

これまでによく経験したことばってん、

 

国や世間が求める成果、またその即効性即物性は、

概して ハードルが高すぎる!405

 

しゃしゃって道路造ったり、建物建てたりするような訳にはいかんと。

 

学問っちゅーのは、

試行錯誤の繰り返し積み重ねが長い年月あって、

徐々に になっていくもん。

 

その辺ば、もっと多くの人に理解してもらいたか。

 

今回の受賞者に対する談話の中に、

 

2人が発表した理論は当時、かなり異質で珍しく、他の論文にはほとんど引用されなかった。結果が出るまで時間のかかる基礎科学は最近、ないがしろにされる感があるが、今回の受賞決定が研究を長い目で見てもらえる契機になってほしい。」

 

とコメントされとるように。

 


あと、即効性に加えて、

こんブログで何回か述べた 


新しいもの(発明) = いいもの
 っちゅー考え方について。

 

別に、こん考えば完全否定しよーって訳じゃなか

 

発明&新しいものが もたらしたもの ば、

ちょっと立ち止まって考えてほしかっちゅーだけ。 


よかことだけやなく、悪かことも

 

これは、歴史ば学びよる立場からのお願いであり、望みでもある。

 

みなさん、ノーベル賞設立の由来ばご存知やろーか?

 

ま、有名っちゃー有名やと思うばってん、

掻い摘んで言うと(*小生の知る限りでは)、 

 

「化学者ノーベルが、工事現場等での作業の効率化ば図り、ダイナマイト発明。それによって、人々は喜び、彼は巨万の富ば得た。ばってん、そん発明品は、戦争でも大量に使われるようになり、多くの人々の命ば奪った。ノーベルはこの事実ば嘆き、遺言書に、人類のために 最も貢献をした人に賞として与える』 と書いた。」

 

新しかもん便利な発明品が、
何ば我々にもたらすか っちゅーのば深く考えさせる好例って思わん?!

あと、最後の 
『』 、こん理念ば蔑ろにしたら意味なかって思うったいね。

これは、学問やっとる人間に限らず、みんなに通じることやとも思う。

 


な~んてことば、昨晩の帰り道、チラチラッと考えながら...。483

 

いずれにしても、元気の出るニュースやった。91

 

 
【PS】


受賞者の一人、M川さんには、妙な親近感ば抱いた。

以下のような、変な共通点があったけん(笑)


1.毎日、「朝
82分に家を出る」「風呂の時間は936分」など、
  決まった時間に決まったことをすることが習慣。
  *おそらく、イギリスの鉄道より時間に正確(笑)


2.自宅で研究はせず、書斎もない。 (≒自宅はリラックスの場)

ページトップへ  トラックバック0 コメント7
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
はは(乾)
コメントどらまきん | URL | 2008-10-09-Thu 06:41 [EDIT]
いやー。おっしゃるとおり。
なんかノーベル賞の意義を間違えて捉えておりますね。
確かに自分の国の人間がそういう賞をもらっているのを見ると何となく誇らしい気分になるのは事実ですが(自分とは全く関係ないのに)、だからと言って「30人輩出する」なんて数値目標を出すなんて・・・アンタ、オリンピックのメダルやないねんから(苦笑)。
(てかそんなのオリンピックだけでもうたくさん)

どうも私らは、本来は過程であるべきものを目的化するのがとても得意みたいですね。民主主義しかり、ゆとり教育しかり。
コメントますけん | URL | 2008-10-09-Thu 10:56 [EDIT]
ん~さすがに熱い!まさにその通りかもしれんね。評価は後から報われる。地道にコツコツが一番よ。
どらまきんさんへ
コメントonigiri15 | URL | 2008-10-09-Thu 17:37 [EDIT]
こんにちは♪

ご賛同いただいて、恐縮です。
ま、でも、これはあくまで学問をやっている個人の考えですので(汗)。

確かに、こういっった権威のある賞は、人々のアイデンティティー心v-343をくすぐりますよね。それはそれで、ある(一部の)人たちには、精神安定剤になってよいのでしょう。
スポーツもそうですね。勝ち負け(≒優劣)で、同様な効果を生み出している。でも、これがエスカレートしていくと、変なことになる(最終的には戦争とか!?)。近頃のオリンピックも、従来のアマチュア精神が忘れ去られつつある感じがして、個人的には、やや冷め気味です。v-390

おっしゃるとおり、最近の多くの社会現象を見ていると、目的が歪んでいる感じがしますね。そういう中で次世代の子ども達が育ち、どんどん曲がった社会をつくって行く...。v-13
何とかしなくては!v-220と超微力ながら、精進する毎日です...(苦笑)。
ますけんへ
コメントonigiri15 | URL | 2008-10-09-Thu 17:51 [EDIT]
ん、やっぱり熱い?!v-41(苦笑)
読者のみんなが引いていかんごつ、気をつけんと...。v-13

とか言いつつ、共感してくれてありがと。v-291
ますけんは、僕の数少ない!?(笑)良き理解者やけん、わかってくれると思うた。また、冬に帰ったとき、マメくん交えて、熱く語るかね!?(笑) うんまか芋焼酎v-305でも呑みながら。

【業務連絡】
ラーメン日記v-373、早良区&城南区も攻めてみて!(笑)
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2008-10-10-Fri 12:03 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントやっち | URL | 2008-10-13-Mon 08:18 [EDIT]
こんにちは!
そうなんですってね、あの先生は英語が苦手なんですってね~
「学生時代は苦手な教科を捨てても、得意科目でカバーできればいいと思ってましたから」ってきどりなく話していらっしゃいました。
素直で、ステキな方だなぁ~と思いましたし
なんだか、人間らしくていいなぁとも思いました。

奥様の話される教授はとてもチャーミングでしたし
「今回は受賞のために海外旅行に行けるからうれしい!」と
これまた、奥様の素直な発言で思わずこちらもうれしくなりました。

普段は雲の上の先生方で、近づく事もないけれど
やりたい事、学びたい事に向かってズンズン突き進んでいる、
今の「ダラダラした日本人」にない熱い思いや行動力に
人間臭さを感じました・・・
やっちさんへ
コメントonigiri15 | URL | 2008-10-13-Mon 17:14 [EDIT]
こんにちは♪

ほんと、素直で人間らしい方ですね。v-290
また、かなりシャイな感じも研究者っぽくってイイ感じです(笑)。
こういう先生方には、ご自分の研究と同時に、素敵な人々を育成していってもらいたいものです。

研究を生業としている人たちは、時に孤独で、時間に見境無く、家族を犠牲にしてしまうことが多いですがv-13、そんな事情(研究者の性格)をよく理解し、陰でそっと支えている奥様は、本当にすごいと思います。海外旅行ぐらい、受賞しなくてももっと連れて行ってあげられただろうに、と一般の方々は思うでしょうが、なかなかそうも行かなかったりして...。v-390 今回の賞の半分以上は、奥さん(&家族)にあげたい気分です、個人的には(苦笑)。

僕も素晴らしい先生方を見習って、さらに精進したいと思います。v-220
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 海と空をつなぐ青. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。