島国の秘密、探しています.........
海と空をつなぐ青
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
マツリのあと
2008-07-10-Thu  CATEGORY: 独り言

《10日》

 

祭り明けの6月最終日(30日

 

それは、フジ子(カオル)嬢ダラム最後の日でもあった。

 

 

11:00過ぎ、旅立ち前のフジ子嬢宅へ。

 

ごえもん殿と共に、置いていかれる品々の受け取りに。

 

 

お茶&荷物選別した後、タクシーでごえもん殿宅へ荷物とともに移動 at 12:30

(フジ子嬢は、最終パッキング&チェックのため、後ほどバスで駅まで移動。)

 

ごえもん殿宅前には、(荷物運びのため)るぱんがすでに参上していた。

 

 

荷物ば運び終えて、駅へ向かう。 

 

途中、フジ子嬢から連絡が入り、バスステーションで落ち合うことに。

 

再会して、丘上の駅までえっちらおっちら、徒歩数分。106

 

駅手前の眺めのよか場所で、城&大聖堂ばバックに、最後の記念撮影。212

 

 

13:30頃、駅に到着。 

 

次の電車まで、20分ほど。

 

駅構内のカフェで、少しまったり。273 

 

 

ここでフジ子嬢から、カードばいただいた...。108

 

小生のブログ・タイトルに関係した、素敵な絵が表紙に...。


(ブログ・タイトルには、おおげさばってん、自分にとっての人生テーマみたいなもんが込められとる。
 それについては、このブログば終える時(多分、ダラムば発つ時)、紹介しようと思う。)

 

柔らかく穏やかなタッチが、フジ子嬢チョイスらしかった...。

 

 

間もなくして、電車入構234

 

 

最後に、お別れ&ありがとうの握手ばして、CU~!422

 

リアンが連呼しとったとおり、細っか手やった...。

 

 

お供のごえもん殿とともに電車に乗り込み、笑顔で!?手ば振るフジ子嬢...410

 

いろんな思い出が、一瞬でよみがえった...。483

 

 

約2年前のふっぼー帰り、夕方...

 

水ばかっ食らうため、汗&泥まみれで考古学部の休憩室へ。

 

一緒におんしゃった共通のお友達に紹介され、お友達付き合いが始まった。

 

各種食事会はじめ、ふっぼー観戦、島めぐり、そしてダ文研(るぱん一味の会)...。

 

深夜の帰り道トークでは、まじめにいろいろとお話し、

 

普段なかなか触れることのできん、

 

女性特有の細やかな気持ち&感性とか学ばせてもらった。

 

最後には、ブライアン&リアンと素敵な交流ができた...。

 

 

って考えよーうちに、電車のドアは閉まり、時間と共に去って行った...。

 

 

ふぅ~、とひと息ついて、

るぱんに、「駅裏の丘から見える、ダラムの景色でもいかが?!」

と促し、案内した。

 

ひっさびさに駅裏の丘からダラムば見たばってん、
その姿は、ほっとんど
変わっとらんやった

eekii
ホッとして、あたたか~か気持ち
になった。291

 

景色は全然違うばってん、不思議と、

志賀島潮見公園におる心地がした...。352  待っててくりぃ...

shiomi
 


ゆっくり、街方面へ戻る。

途中、るぱんふっぼーシューズば購入するっちゅーこつで、

スポーツショップまでついて行った。

 

かる~くチェックポイントばアドヴァイスしてあげて...、

るぱん、履き心地チェック後、購入!

(*後日、わざわざ「履き心地最高~!」メールばいただいた・笑。)

 

るぱんとは、街中でCU~!422

 

本屋に寄って、夕方の用事までまだまだ時間があったけん、

川沿いばふらっと...。106

 

心地よか、のどかな午後。

 

ふと、ば見上げた。

 

“ 今頃、お嬢は、 浪漫飛行~♪ ...

 

“ ありがとう! また SOMEDAY ...

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ありがとうございました。
コメントカオル@トーキョー | URL | 2008-07-14-Mon 23:35 [EDIT]
先月は一連の盛大な祭り&その様子の詳細なレポートを本当にありがとうございます。ほぼ毎日がイベント続きで、みなさんに良くしていただいて、本当に特別な時間の流れた2008年の6月、きっとずっと忘れません。最後ダラム駅でのお別れの時は、笑顔でも心は泣いていましたよ。ただ悲しいというのとも違う、感謝や達成感も入り混じった万感の想いでした。でも電車はつつがなく発車、あっという間に遠ざかっていく大聖堂・・・。駅裏の見晴らし台には結局お供できずじまいでしたから、これは次回にとっておきます(笑)。また追ってダ文研MLにもメールしますが、本当に本当に何もかもありがとうございましたv-10
カオルさんへ
コメントonigiri15 | URL | 2008-07-15-Tue 01:32 [EDIT]
東京への無事のご帰還、おめでとうございます!(笑)

ホント、6月は濃い月でしたね~。お陰様で、素敵な想い出がたくさん出来ました!何だか、チョットした青春!?みたいなものを感じちゃったりして...(笑)。
コチラこそ、お忙しい中、いろいろとお付き合い下さいまして、誠にありがとうございました。v-291

いつかまた会えると思っていても、やはり別れは辛いものですよねぇ...。v-390別れた後、楽しいるぱんが傍に居てくれてよかったです。一人だと...(涙!? ← ナイナイっ!・笑)

次回(来年!?)、ダラムにいらっしゃる際は、駅裏の公園をご案内いたしますね! 
あ、そうだ!リアンがですね、「今度ダラムに来るとき、家に泊まっていいよ!」って言っていました。イタリアからの絵はがきが、とても嬉しかった模様です、ハイ(笑)。冗談抜きで、よろしかったらどうぞ!ただおそらく、「50ペンス、ぷり~ず」って言われますが...(笑)。

ダラムでバタバタした後も、2週間の旅行...お疲れが溜まっていることでしょう。ゆっくり温泉にでも浸かって、しばしお休み下さい。v-48

それでは、またお会いできる日を楽しみにしておりますぅ~♪

PS: 旦那様にヨロシクお伝え下さい。
あ、も一つ! 
先日、僕のブログを見たらしい、例の弟から(笑)、カオルさんにヨロシクとのことでした。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 海と空をつなぐ青. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。