島国の秘密、探しています.........
海と空をつなぐ青
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ジツリョクこうし
2008-04-24-Thu  CATEGORY: イギリスって.....

《24日》

 

ここ数日、こっちで 【 苦 笑 】 な ニュース 13 が続いたけん、ちらっとご紹介。 



1. ゴミの入れすぎで、ゴミ箱の蓋がわずか10cm開いとった。 

→ 規則違反で、罰金225ポンド(約4万6000円)。

→ ばってん、そん対象者は無視して、有罪になった...。11 

 

まあね~、規則やけん仕方なかって言うたら仕方なかばってん...。

イギリスでは、各家庭が自分の家のでかかゴミ箱ば外に置いとるけん、通りすがりの知らん人とかイタスラ小僧が、ゴミの収集直前にゴミば余計に入れたりする可能性もある。(実際、そげんしよーとこ、何回も見たことある...。)
そげんこつされたら、たまったもんじゃなかばいね~...。



2. 家の建て増しばしてもらったとに、いつまでもそん代金ば支払わん

→ 業者、ハカイダーになる...。404 (=建て増し部分ばハンマーでぶっ壊す)

* 昨日ニュースで観たとばってん、webのページば見つけきらんやった

 

日本でも、代金ば踏み倒す人はたくさん!?おろー。 

こっちにも、やっぱおる...。


ばってん、今回みたいに、ちかっぱわっかりやすぅー対処するとは、
何か
独特~!? って感じたっちゃけど...、
日本やったら、どげんするやろか~?...



3. スコットランドの石油精製所で、 ス ト 。 

→ 周辺地域の値段が急騰する & 供給が減る。 

 

スト、こっちではこの手のニュースばふつうに見かける。
で、日本とは違って!? 実際に ストっちゃう220

当然、みんな困る...。292

 


で、今日は、



4. 学校の先生たちによる、 ス ト 。 →

→ こどもが勉強できん。 働きよー親が困る。

 

経済の事はよーわからんばってん、

ポンド安の影響でインフレになったり、税制度の改革があったりして、

最近のイギリスでは、いろんなもんが、のきなみ値上がり158...。

 

そやけん、「社会の状況にあわせて自分たちの待遇も改善せぃ!」

ってインタビューである先生が言いよった。

そげん言い出したら、他の公務員に対してもみんなそーせんといかんごつなる。
それらは当然、税金でやられるけん、税金が足りんごつなって、またいろんな所で税金が上がる。
みんな困る...。292


あっちば立てたら、こっちが立たん...。


う~ん、むずかしい...。13 それ以上、言葉が出てこん...(涙)。


世界中にごまんとおる政治家(学者)&経済学者のみなさん、頼んますばい!




今回あげたニュースは、個人的に、
日本とは何か違うな!? って感じたもんやった。

大きな違いはなかかもしれんばってん、何かが...。


で、チョット考えた...


自分のイギリスでのこれまでの経験も加味したら...、

にほん人と比べてこっちの人は、

 

良く言えば、 主張がハッキリしている


冷静に見ると!? 


人に何かを要求することには、多大なエネルギーば注ぐ (苦笑)。



もっとバランス(良)~、

注いでいただけたら... 

ありがたかとですが...。13

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントめうし | URL | 2008-04-25-Fri 01:16 [EDIT]
めうしの友人はイタリアのパドヴァで声楽をやってるんですが、彼女は「女一人かの国で暮らすには、心に剣を携えなきゃ生きていけないの!」と力説してます。
そういえば、今までにイタリアには3度訪れましたが、必ずどこかで何かのストと出くわしましたね。やっぱり情熱の国だからなぁと思ってましたど、onigiriさん、ぢつはイギリスもそうだったんですね(^^;)
めうしとおうしさんは、イタリアからイギリスに入った瞬間、礼儀正しくてキチンとしてて、清潔で危なくなくて、何でもスムーズ♪さすが紳士と淑女の国!と、その時感激したのを憶えてる。
うふ。でも、そんな一面もあったんですね(^^〃)
onigiriさんも、心に剣を携えて、ダラムで立ち向かってらっしゃるのかなぁ?

↓ めうしは、イギリスの田園風景がだぁ~い好きなんです!
  緑と黄色と淡い空の青が、イイですねぇ。いいなぁ。ん~♪
  ちょっと雰囲気を味わえて、幸せでした。onigiriさん、ありがとう!

めうしさんへ
コメントonigiri15 | URL | 2008-04-25-Fri 17:55 [EDIT]
めうしさんのお友達、たくましいというか...いろんな意味でかっちょいいですね! 僕はひ弱なので(苦笑)、剣なんて、とてもとても...。v-13 それに、僕の基本姿勢は、「立ち向かい、抵抗し、戦う!」ではなく、「受け止めつつ、かわし、流す...」なので...(笑)。

イタリア、僕も以前訪れましたが、確かにイギリスとは違いますね。同様に以前訪れたことのあるフランス、トルコと比較しても、違うと思います。仰るとおり、これらの国は(気候も関係した)情熱の国!?ですね。ただ同時に、長い歴史の中で、常に周辺諸国と緊張関係にあった(今もなお...)大陸の国々とも捉えられます。個人的には、このことが、そういった熱い戦闘的国民性を生み出した!?と考えています。(あくまで、一般論として...) 一方、島国であるイギリスは、という自然の壁がある点、他国とは状況が異なります。ワンクッションある感じ!?のおかげで、相対的に控えめ守備(保守)的な感じがあるのは確かです。
今回のストに関しては、伝統的に根強い階級社会の名残みたいなものが関係しているように思います。めうしさんが遭遇した「礼儀正しくてキチンとしてて、清潔で危なくなくて...」なのは、たぶん上層階級!?&裕福な人たちです。肉体労働者や発展途上国からの移民を中心とした下層階級の人々、低所得の公務員などは、生き抜くために最終的には実力行使!?にでざるを得ないのかもしれません...。
「スムーズ...」というか仕事が迅速なのは、記事に書いたように、あちらが何かを要求&請求する時です(苦笑)。こちらが何か頼んだりしてもらう時は、たいがい時間がかかったり、トラブルが生じたりします。v-403その1例は、コチラ → http://onigiri15.blog71.fc2.com/blog-entry-150.html
日本とは、「似て非なる島国」...。 探求の日々は、まだまだ続きます......。v-483

イギリスの田園風景、いいでしょう~!v-298 僕も大好きです! 毎日、この素敵な風景と動物たち(鳥、リス、うし、うま、犬など)に癒されています。イヒッ。v-290 
こちらに来てもう4年半になりますが、イギリスの何が魅力的か?って聞かれたら...、個人的には、その個性的な歴史自然にある!と即答します。

新しいことをはじめていらっしゃるお忙しいときに、ご丁寧なコメント、誠にありがとうございます。
Special thanks! です。v-300
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 海と空をつなぐ青. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。