島国の秘密、探しています.........
海と空をつなぐ青
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
FUKUOKA・ちいきせい 雑記 
2008-02-17-Sun  CATEGORY: 地域性
《17日》

前回紹介した、「 県民性に基づく、理想の結婚 相性マップ 」
最後の方で、県民性の分析方法に、興味があるって書いたね。
どげな点か、もちっと詳しく...。

小生が注目したのは、行政区分のやり方! 

現在は、ご存じのように 47 都道府県 に分けられとって、
それに従って 統計&Data が出されたりして、いろいろと論じられることが多い。
それはそれで、よしとしよう !?

ばってん、日本っちゅー 「 」 の歴史ば振り返った時、
それ以前の区分方法が、長かこと存在しとった、
ってのに注意する必要がある、って思うと。

そん区分法っちゅーのは、律令制 に基づいた 地方行政区分。 * 約 70
およそ、奈良時代~明治時代1,000年以上 に渡って使用された。

それより前については、
文字記録があんまし (or ほとんど) なか時代やし、
だいいち、「 国家 」 & 「 行政区分 」 自体、存在しとったかどうかが不明瞭...。
とはいえ、小生が扱いよった やよい土器約2,000年前前後) の地域性なんかは、
こん 律令制に基づく行政区分 ( 国・郡 など) で捉えやすい。

で、何が言いたかかっていうと...、
やよい時代に水稲稲作が導入されて、じゃぱんの食糧生産基盤が確立されて、
それに沿う感じで国ができて...市や町、村なんかの、
社会のカタチ組織ができて...からの、
集団地域 のあり方 っちゅーのは、
上述の 旧・行政区分に反映されとる !? ってこと。

そんでもって、
日本特有の 山地形 が生み出した、平野盆地
人間活動の結果現れた、山村港町 都市 なんかが、
地域っちゅーもんば色づけてきた、 って思うと。

現在は、車やら 電車やら 飛行機やら あって、サーッて移動が可能やし、
電話やら Internet やら あって、
簡単に遠距離間で communication がとれるけん、
旧・行政区分に基づいた地域性なんか、ほとんど関係なかーっ!
って思えそーばってん...、
まだまだ通用しとるような気がするっちゃが。

言葉やら、食べ物やら、祭りやら に代表されるような 伝統文化 ば見よったら。
あと、今回見た 結婚相手の範囲 なんかも !?

そげなとって、
さっき書いたように、地理的環境 によって特色づけられてきたんやろうーし、
小生らが直接的には目に出来ん、多くの先人たちの 諸活動の蓄積 (歴史) によって、
じーっくり築き上げられてきたもんやろーけん、
いつの間にか、
そん土地土地で育った人々の心の奥底に、
住み着いてしまうんやなかろーかー って思うったいね。

実際、大学進学から、
鹿児島 → 大阪 → イギリス 15年以上 に渡ってウロウロしよる小生自身、

福岡筑前博 多 って自負しとるけんね (笑) 。
「不器用ですから...」

生まれ育った所って、
先日触れたidentity, ethnicity, nationality の問題ば考えるのに、
重要なPOINTになる気ぃがする...。

って、ここで、この記事終わるつもりやったとばってん.........、

偶然にも昨日の朝、これと関連ある話題ば見つけたけん、
ちらっと、紹介しとくニッ!


[ 2月16日付 S経新聞の記事 より *一部改変 ] 

~~ J 党の三国志 ・・・ Y崎 vs K賀 vs A生 ~~

元副総裁(福岡2区)、選対委員長(福岡7区)、前幹事長(福岡8区)-の幹事長経験者3人が「三国志」さながらのにらみ合いを続けるJ党福岡県連は16日、福岡市内で定期大会を開いた。 (中略) 壇上で目も合わせないA、Y両氏らの様子に...(中略)。 Y氏は自分のあいさつを終えると途中退席。 A氏は 「(中略)」 と皮肉たっぷり。 H法相(福岡6区)がそんな気まずい雰囲気を頓着せずに 「(中略)」 とあいさつすると会場から爆笑がわいたが、壇上のK氏らは複雑な表情を浮かべた。


福岡県は廃藩置県で
筑 前 (福岡市周辺)筑 後 (柳川市周辺)豊 前 (北九州市周辺)
の3国が合併したが、
今も郷土性が強く残り、
Y 氏筑 前K 氏筑 後A 氏豊 前
に割拠する構図となっている。
(*A氏の地元は飯塚(福岡北部中央内陸部の盆地)なので、本当は筑前に入る。)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

って、政治の世界でも、旧・行政区分による地域性があるごたーよ !?

ばってん、それにしても...
どん方も、胸張って誇れる政治家さんでは.....。


【 付 記 】

今回見た、
「 県民性に基づく、理想の結婚 相性マップ 」 の各都道府県内における細分、
統一性がなか!とが 残念...。 ( * 細分されとー所と、されてなか所がまちまち )

例えば、九州やったら、
熊本で「人吉」って内陸盆地地域(ウッチャンの出身地)が区分されとーだけで、
そん他の県はそれぞれ “ ひとくくり! ” されとー...。
小生と関係が深い鹿児島やったら、薩摩大隅で分かれる気ぃするし、
おふくろの故郷・大分も、北の豊前、南の豊後
さらには、内陸部 (阿蘇山周辺) ば独立して分けることもできるって思う。

その辺、もちっとどうにかなればね~...。 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 海と空をつなぐ青. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。