島国の秘密、探しています.........
海と空をつなぐ青
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
第1回 ダラム文系研究者の会
2007-11-09-Fri  CATEGORY: 記念日

《8日》 

昨日は、いつもお世話になっとる
カオルさんの呼びかけで、
ダラム文系研究者の会!なるもんが開かれた。314 
*現メンバー3人(英文学者2人、こうこ学者1人)
*大層なもんではありまっしぇん・笑 

17:00 集合 
アジア系レストラン、
ZEN271で、うまか料理に舌鼓ば打ちながら、談笑(互いの近況など)。 

19:30 からは、大聖堂近くのtheatreで、オペレッタ(喜歌劇)ば観劇 (4ポンド≒900円) 

出演者、オケの人たちは、皆ダラム大学の学生さんたち。
とは言え、実力はなかなかのもんやった。 ←偉そうに!(笑) 

立ち振る舞い&表情(表現力)、歌唱力、どればとってもすんばらしかった! 
素敵な演奏&歌で優雅な気分に浸ったり~...、
たくさん散りばめられた
comical場面で、ギャッハッハッって笑ったり...。 

で、劇場は小さくて古かとばってん、
温か~か雰囲気で、観客と演者の
一体感ば演出してくれとった。 
(ホントは写真撮るつもりやったとばってん、カメラがぱげて(=壊れて)しまっとって、撮れんやった。・涙) 

2幕、計約2時間半の上演時間は、あっという間に過ぎ...、424
満足度100%で、劇場ば後にした。410 

食事(&お茶) + 観劇 の 第1回 ダラム文系研究者の会 は、 

大 成 功 ~! 221

今後も、月1回ペースぐらいでできれば...、ねっ
!? 



ところで、今回観た 
「 ミ カ ド 」 、初演は1885年、ロンドンにて。

ウィキによると、当時、
ロンドンで行われた日本博覧会の影響もあって、
イギリスでは
日本ブームが起きとったそうな。
そんで、これは、以前こんブログでも触れたばってん、
ジャポニスム or オリエンタリズム と関係するらしか。

さらに、(以下、
wikipediaより抜粋)
「当時のイギリスの世相、わけても上流階級支配階級に対する辛辣な風刺を含む
  一方で、作品の舞台を
イギリスからできるだけ遠い未知の国「日本」に設定することで、
 
「これは遠い国の話でイギリスとは関係ない」として批判をかわそうとしている。」 
とのこと。

・ 風刺...、
階級社会が生まれてからずっとあるっちゃなかろーかーって思うとばってん、
イギリスでは、昔から
文化の中に取り込まれて、
そんで
「笑い」で柔らこーされるこつによって、
モノ言いばやりやすこーする & 階級間の壁ば薄くする 
状況ばつくってきとーっちゃね~って思うた........。
(こんこつは、現代のイギリスのメディアば見よっても、そげん思う。) 
イギリスの演劇の奥深さば、改めて感じた...。

ばってん、日本にも同様な文化芸能は昔からある。
それは、
狂言!(*猿楽から発展)
なのに、両国には、若干温度差がある気ぃがする。
そん要因は、20世紀前半の政治体制(文化コントロール)の違いにあるっちゃなかろうかぁ~、たぶん...。


・ 「これは遠い国の話でイギリスとは関係ない
こん表現にちと引っかかった。
これは、確かにそん通り!やと思う。
今もなお、多くの人たちはそげん考えとろ~。

ばってんくさ、小生は、物理的にはそげん(関係ない)でも、
精神的には「関係ある」って思うったいね~...。
もちっとわかりやすく言うたら、国民性みたいなもんかいな!?
それが、小生がイギリスに興味ばもち、イギリスのこつば学ぶごとなった理由っちゅーか、きっかけ...........。 


いずれにしても、ほんと有意義なひと時やった...。291


PS: 半年に一度のお気に入りシリーズ番組、AUTUMNWATCH 始まっとります!

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントmilky | URL | 2007-11-10-Sat 19:15 [EDIT]
onigiri15さんへ

ご無沙汰しています。お元気ですか?
思わずダラム文系研究者の会、という言葉に魅かれてはるばるここまでやって来てしまいました。笑
ダラムにいたら私も参加したかったなぁ~なんて。でもMaster以上の方の集まりですかね☆

このあいだNHKでメキシコのテオティワカンについてのドキュメンタリーを見ていたら、ふとonigiri15さんのことを思い出しましたv-7
milkyさんへ
コメントonigiri15 | URL | 2007-11-10-Sat 20:36 [EDIT]
こんにちは。v-291
こちらこそ、ご無沙汰しております。

僕は相変わらず無駄に!?元気です。 milkyさんはいかがですか~?

ダラム文系研究者の会、ひょんなことから生まれました(笑)。
会の名前の通りの構成メンバーですが、目的は、息抜きを兼ねてv-273
「イギリスの文化を、静かにゆったり楽しむ!?」です、たぶん...(汗)。
ポイントは、「静かにゆったり」です(笑)。
だから、本当は、「ダラム・文化を楽しむ大人な会」の方が正しいのかもしれません。
偶然集まるメンバーがそうだったので、上記の名前になったんだと思います。
だから、身分なんかも、はじめから拘っていません。
milkyさん、今からでも加入OKv-426ですよ!(笑)
あ、でも、会長はカオルさんなので...v-13

テオティワカン、僕にとっては未知の世界ですが、とても興味があります。
特に、
「都市や国家が、どのようにして生まれ形作られたのか?」
「その時、宗教(太陽&月のピラミッド)はどのような役目を果たしたのか?」
といった、人類史を比較する視点で。
研究は無理でも、一度訪れてみたい所です。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 海と空をつなぐ青. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。