島国の秘密、探しています.........
海と空をつなぐ青
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
フランス近況 (2)
2007-09-21-Fri  CATEGORY: おフランス

《18日》

今日は、考古学の様子ばチラッとお見せします。
※ 今日も写真の羅列です。

まずは、初日に訪れた  Alesia 
という遺跡。 
鉄器時代~ローマ時代の古代都市。
(山)の上に築かれ、堅固な堤や堀が巡らされている。
ガリアば遠征したシーザーが、このようなガリア地域独特の都市ば、
Oppidum
 と呼んだ。 

ale2
               地形図 
zz5ale3
             遺跡からの眺め(1)                         遺跡からの眺め(2) 
zz6ale1
                建物跡など(1)                                建物跡など(2) 

続いて、小生らが発掘しよる遺跡。 
58z
リヨン川(セーヌ川の支流)の源 

地下探査調査で判明している情報ば手がかりに、4つの地点ば試掘。
業界用語で、トレンチ と言う。
この試掘によって、多くの確かな情報ば得ることができる。
時間とお金などの条件が整えば、将来さらに有益な調査が行える。
※ 写真はどれも調査開始1~3日目のもんです。 
71z 304z
                 第1トレンチ                                  第2トレンチ
       (初日、表土を剥いだところ)             (建物跡の上面ば検出したところ)
87z 53zz
                第3トレンチ                                        第4トレンチ
            (表土ば剥いだところ)                             (掘り始める前) 

305z 
        発掘中に、こんな訪問者も! 

遺物は、ワインを運搬する容器(アンフォラ)ば中心に、
地元産&ローマ産の各種土器、建築に使用された釘、
タイルなどが多量に出土しております。 

1日の調査が終わって、
夕食後は、みんなで出土遺物の洗浄&整理などばします。 
3307
             洗浄の様子 

最後に、おまけ! 
50z


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
思った通りの地道な作業
コメントShin | URL | 2007-09-22-Sat 10:11 [EDIT]
お元気そうで何よりです。
あんな普通の芝生(牧草地?)の下を掘って遺跡が出てくるんですねー。
インディジョーンズみたいな感じ(あの映画を観て、子供の頃から考古学に憧れたので。。。)なわけ無いですけど、発掘は想像した通りかなり地道な感じですね。
日本で考古学の本を買ってきました。チョットずつ勉強してみようと思います。
最後の写真が
コメントどらまきん | URL | 2007-09-24-Mon 00:30 [EDIT]
いい感じっすね。

フランスといえば、実は色々秘密な場所が多いってことを何年か前に読んだ本で知りましたよ。
荒俣宏氏の本で、ですけどね。
ま、onigiriさんはそれよりも更に前のことを調べてらっしゃるんだと思いますが・・・。
日焼けスゴイですね。
こっちはまだまだ信じられないくらい暑くて日傘が手放せません。
おまけ
コメントぽんず | URL | 2007-09-24-Mon 21:03 [EDIT]
美しい写真ですね。
ポストカードにしたら売れますよ(笑)

今日は、ホークスvsファイターズ 引き分けでした。
試合が長くて、午後はテレビ見ながら何かしながら・・・・18時になってしまいました。

残りわずかです。
早いものです。

残りフランス 頑張ってくださいね~!
Shinさんへ
コメントonigiri15 | URL | 2007-09-25-Tue 14:17 [EDIT]
こんにちは。
お察しの通り !?(笑)、元気に楽しく、発掘に従事しています!

遺跡って、本当にいろんな所にあるんですよ~!様々な時代の事情や環境に応じて。 発掘は、確かに地味で根気のいる仕事です。でも、いろいろ考え思いめぐらせ、新たな発見に出会ったときは、何ものにも代え難い喜びがあります! また、仲間との共同作業&生活を通して、新たな家族!?が増えるのも魅力です。

考古学の本、洋書では、Renfrew, C. and Bahn, P. (2000) Archaeology: Theories Methods and Practice, Third edition. London: Thames & Hudson Ltd. がお勧めです。かなり分厚い概説書ですが、ほとんどの分野をカバーしているうえ、内容が濃いです。また、写真や図がたくさん掲載されていますし、各所にある1~2ページのコラムも充実しています。 お時間のある時にでも、本屋でパラパラ見てみてください。大きい本屋だったら、大抵置いてあると思います。
どらまきんさんへ
コメントonigiri15 | URL | 2007-09-25-Tue 14:23 [EDIT]
こんにちは。
写真、気に入っていただけましたか?!
朝7:00、リサーチセンターに向かう際、撮りました。日の出直前の独特な雰囲気に、思わず惹かれて...。

秘密な場所かどうかはわかりませんが、僕が滞在している所、休日に仲間と訪れたいくつかの街では、日本人(+アジア人)を全く見かけません...。個人的には、みんながあまり行かない所に行けるので(しかも大体タダで!笑)、考古学をやっていて良かったな~って思います(笑)。
発掘して現れてくるものは、みんな秘密なモノ!?(笑)。

日焼け、確かにスゴいですけど、全然暑くないんですよ!20℃前後で爽やかです。汗は、ほとんどかきません。

日本は、この時期気温の変化が激しいと思うので、くれぐれもお体にはお気をつけください。ついでに、お酒にも !?(笑)
ぽんずさんへ
コメントonigiri15 | URL | 2007-09-25-Tue 14:26 [EDIT]
こんにちは。
写真、ぽんずさんやったら気に入ってくれるやろうな~!?って思いながら撮りました!
ポストカードにしたら、売れますか?!(笑) 今度、挑戦してみます!

ホークス...、カズミ、コクボ、ナギサが戻ってきて、若干息を吹き返した感じがあったようですが、いまいち押しが足りないですね!?..... 
今年も?!...ってちょっと頭によぎりました(汗)。

残り後4日、がんばりま~す!
応援、ありがとう~~!!
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 海と空をつなぐ青. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。