島国の秘密、探しています.........
海と空をつなぐ青
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
Dr.スランプ?!
2007-07-04-Wed  CATEGORY: 学び(お勉強)

《4日》 

先週から今週にかけて、エッセイ書きのため、295
いつも以上に本業に勤しんどる、
onigiri15375380

大量のデータば、アレンジ&アナライズの日々。
数字と実際の資料(土器の実測図)ばつきあわせながら、悶々としとります。

小生がやろうとしとる方法 (*日本では比較的受け入れられている) ば、
いかに説得力ばもたせながら、イギリス(&欧米)人に説明するか!
少ない知恵ば搾り出しつつ、論理構成しよる。 

実際やりよって、
やっぱ外国の文化(土器)やな~... 違うな~...
って妙に感心しながら、悪戦苦闘。

3歩進んで2歩下がる...。  ←スランプ?! 

朝から晩まで、時々夢の中まで、
土器の図や分析の数字が、ゆらゆら...。39

軽く
ハイテンションで、夜中に何度も起きては、小考...。13

体と脳にじわりじわりと襲ってくる気だるさば、早く取っ払いたか!とばってん、
それが、意外に心地よかったりもする。403 ← か?!(苦笑) 

昨晩は、あまりにもとり憑かれとったけん、リフレッシュのため、
久々に、
ヤイコCandlizeツアーのDVDば観た266 (*約2時間 午前1:00~3:00)

やっぱええわ~。 
癒される...。291

ばってん、かえって頭が冴えてしもうて...、
興奮ばおさめるために、何も考えんで ボ――――――― ッ...。11 ←自業自得  


とりあえず、序章提出は来週頭。 

山笠パワー で、何とか乗り切るばい! 220

それにしても、ねむか~~...。395

~~~~~
PS: 今日は、米の国の独立記念日
74

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
こんばんは
コメントぽんず | URL | 2007-07-05-Thu 01:06 [EDIT]
こちらはこんばんはです。はよ寝らんとまた起きれない・・・
本業、はかどっていますか??
分析の数字・・・
大変そう・・・v-17なにより、数字が苦手で。
すごいなぁ。

Dr.スランプ 乗り越えてくださいね~
ぽんずさんへ
コメントonigiri15 | URL | 2007-07-05-Thu 03:13 [EDIT]
こちらも、こんばんは!の時間になりました(19:00過ぎ)。
と言っても、21:00過ぎまで明るいですが...(苦笑)。

本業、ちびーとずつですが、着実に進んどります!
数字、僕もあまり得意ではありませんが、万人を納得させる手っ取り早い手段として、どうしても必要になります...。それに、自分の分析に客観性をもたせるためにも...。

スランプ、何とか脱出しそうです。幸い、ホークス打線(特にクリーンアップ)ほどではないようです(汗)。
励ましのお言葉、ありがとうございました。そのお気持ちを、どうかホークスにも!捧げてくださいっ!(笑)v-421
エッセイ辛そう
コメントしん | URL | 2007-07-05-Thu 06:19 [EDIT]
僕の仕事も結構ツライですが、エッセイも辛いですねー。
ビジネススクールにいた時のことを思い出します。
卒論書いてる終わりの頃には、担当教授と面接するたびに駄目出しされ、パスできれば成績なんかどうでもイイから、とにかくOKと言ってくれと思ってました。
きっと僕の卒論の何倍もの量を書いてるんでしょうから、大変な事だと思います。
でも、好きな事に打ち込めるってのは羨ましいですよ。実際に卒論書くのは物凄く辛かったですが、自分の研究したいトピック(Finance)について、自分で調査して、計算して、最終的に何らかの形に残せたのは凄く楽しかったです。
とことんやりたいな、とも思いましたが、あれ以上英語で物を書くのも辛いし、もう数学はチョット勘弁したいのでやめました。大金持ちになって、時間とお金に余裕ができたら、また勉強しに帰ろうかと思います。
しんさんへ
コメントonigiri15 | URL | 2007-07-05-Thu 17:54 [EDIT]
おはようございます!

僕は今、約2カ月おきにエッセイを書いています。それぞれは、将来的に博士論文の一部を構成します。基本的に毎回、字数制限はありません。研究の進行状況にあわせて、臨機応変にやらせてもらっています。 
PhDの学生は、それぞれの指導教官の方針で、研究の進め方が異なります。僕の教官は、コンスタントにエッセイという形で進行状況を確認し、その都度軌道修正しながら進めていこうという考えです。僕も個人的に、このやり方が気に入っています。というのは、短期の目標に向かってやると、集中力もやる気も長期的に持続できるからです。また、着実に成果が形になっていくのが目に見えることも、精神的に良いです。 
博士論文は、100,000words以内というのが規定です。分量からすれば、現在はまだ20%ぐらいですが、本論である分析&資料の検討に入ると(←今入ったところ)、一気に70%ぐらいまでいけそうです。今年度中になんとかそこまで行って、残り10ヶ月ほどで、最後のまとめができればと思っています。いろいろ大変なこともありますが、研究自体とても楽しいので、これからも今の気持ちを忘れずに頑張っていこうと思います。

学問する喜びは、人間に与えられたある種貴重な特権。しんさんは、MBAでそのことを改めて実感したご様子。時間&お金という現実的問題はありますが(汗)、今ある素敵な志を持ち続けて、いつかまたアカデミックの場に戻ってきてください。あ、でも、もし戻ってこられなくても、学ぶ手段はいくらでもありますので、決して諦めないよう...。 
僕は、自分の学問と同時に、少しでも多くの人々に、この喜び&大切さを知ってもらうための環境づくりを目指してゆきます。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 海と空をつなぐ青. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。