島国の秘密、探しています.........
海と空をつなぐ青
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
日本滞在記(その6)
2007-01-17-Wed  CATEGORY: お知らせ

《17日》

日本滞在記ダイジェストの続きです。 ←ダイジェストとは呼べないボリュームになりつつある......(汗)
※当初の予定(http://onigiri15.blog71.fc2.com/blog-entry-158.html)は、この色

6日(土)   帰福   
6日(土)  9:00頃 起床。 朝食後、日課(山国川沿いを散歩)。 
        → 病院へ: ばあちゃんの見舞い。 
                   (状況は、あまり変わらず。ちょっと、目を開けてくれた気もするけど.......
。話しかけたり、
                           顔を拭いたり、マッサージしたり。         → いつものように、
1時間半~2時間して、
                           ばあちゃんに、一応の別れを告げる。手を握り、
1年後、また会えることを念ずる.......
。) 
                
                  
ばあちゃんの家に戻って、一休み。
       コーヒーをすすりながらTVを観ていると、ちょっと気になる番組に遭遇。
       どうやら昨年の
5月ごろ放映されたもの(九州朝日放送の「ドォーモ」)の再放送。
       この度、なんたら(←名前忘れた
....汗)賞を受賞したらしい。
       おふくろは、以前その番組を偶然観たらしく、その概要を簡単に教えてくれた。
              スーッと、興味が惹かれた........。 

確か題名は、
見えない生活

内容は、
重度の視覚障害をもった女性の実生活を紹介したものだった。
その女性の名前は、
りえさん(27才)。現在、整体師として働き、一人暮らしをしている。
第一印象は、普通に街中で見かける、明るくかわいい感じの方だった。
だが、彼女の視力は、片方がほとんど無し。もう片方も、かすかなコントラストでモノの違いがわかる程度のもの。 実際、ハンバーグを作っているところを見せていたが、手探り、におい、時間&勘を頼りに、
1つを作るのに1時間ほどかかっていた.....。それでも、買い物などではかなり要領を得ているのか?!普通の人と変わらない感じでこなしていた。 
その後、
約40年も全盲生活を送っているという大先輩さちこさん(70歳)のところを訪れる。
さすがは大先輩!りえさんより数段上の身のこなし。すばやくキュウリを輪切りにしたり、唐揚げを数個同時に揚げたり。 さちこさん曰く........、「
目が見えんでも、大抵のことはやろうと思ったらできる!向上心を持つことが大切よ!*正確なセリフではありません。) そんな話を聞いて、りえさんも、福祉施設の方からかけられ、勇気づけられた言葉「できることを見つけていくことが大事!*正確なセリフではありません。)と通じるものがある、と共感していた。 

そんな二人のやり取りを見ていて、何よりも感嘆させられたのは、
視覚障害を持ちながら一般の人並みの生活をしていたことよりも、
気丈で、明るく、前向きに、一つ一つ物事に取り組んでいる、その姿勢&気持ちだった。
もし自分がそのような障害を持ったら.......と想像すると同様に振舞えるか、全く
自信がなかった......。

普段から気にはかけている
当たり前の幸せ が、とても尊いものであると、いつも以上に強く感じた。 同時に、現状の自分に至らしめてくれた両親はじめ、多くの人々の支えに、心から感謝した。 

そんなことを考えていたら、リポーターが、さちこさんにこんな質問をした。
もし、今目が見えるとしたら何がしたいですか?」 
さちこさん
.....
子供や孫の顔が見たいです........」 
胸が、キューーッと締め付けられる思いがした
.......

今回、10日ほど、ばあちゃんの見舞いで
病院に通ったり、親戚のおばさんが入る老人介護施設を訪れたりしたことも影響しているのだろう................
しばし、いろんなことを考え、思い巡らした。 
自分の未熟さを痛感させられた。 
やるべきことが、より鮮明になった。 人として
........

【追記】 りえさんのもう一つの顔: 彼女、なんたらボール(←また名前忘れた......汗)という競技の日本代表候補
     なんです!! この度、北京パラリンピックの強化指定選手に選ばれたとか。ガンバレ、チャチャチャ!


      こんな感じでTVに見入ってしまったため、出発が夕方になってしもうた。 
      ネコちゃん(おば)に別れを告げ、じいちゃんの墓に寄ってじいちゃんにも別れを
      告げる。 
      さて、博多に帰るか!?と車を走らせていると、雨風が激しくなり、行く手の北九州
      方面も真っ暗に!天気予報でも、雪になり荒れ模様とのことだった........。
      結局、途中まで行きかけるが、おふくろが不安がるので引き返すことに。
      小生も、
じいちゃんのお告げ?!のような気がして、了承。 

      とんぼ返り後、夕食。 → ネットカフェ。 
      → 風呂に入って、寝る。 妙な心の静けさ......................

ページトップへ  トラックバック1 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
介護をよく見てみると
トラックバック介護をよく見てみると 2007-03-30-Fri 15:09
20世紀初頭から、散発的な障害者のスポーツ大会は記録されているが、パラリンピックの起源とされているのは、1948年7月28日、ロンドンオリンピック (1948年)|ロンドンオリンピック開会式と同日に、イギリスのストーク・マンデビル病院で行われたストーク・マンデビル競技大  [続きを読む]
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 海と空をつなぐ青. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。