島国の秘密、探しています.........
海と空をつなぐ青
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
プルーフ・リーディング
2006-11-30-Thu  CATEGORY: 学び(お勉強)

《29日》

昨日、エッセイのフィードバックを親友のアダムPhD:ローマ研究)から受け取ったので、
彼の指摘をもとに修正作業295
案の定、たくさん修正箇所あり(汗)。13

でも、プルーフリーディングは、本当に勉強になる!291
(特に彼の場合は、優秀だし、専門分野が小生に近いし。また、仲もいいんで、互いに気兼ねなく思ったことが言える。プラス、彼は仕事が丁寧で速い! *今回のプルーフリーディングでも、
15,000words(文章だけでA4約50枚)を約5日で終了、かつ的確で細かい指摘&修正が随所に見られた。)

改めて学んだ点、というかもっと
向上しなければならない点は、

1.無駄な形容詞をなくす 
2.婉曲的表現をへらす(*法助動詞の適切な使用) 
3.表現&単語のヴァリエーションを増やす 
4.接続詞&前置詞の適切な使用 
5.
冠詞の適切な使用 

1&2は、日本語で文章を書くときの癖が、まだ少し出ている感じがする。
英語の表現は、日本語より本当にシンプルかつ明確なので、もっと文体を体に滲ませるよう、たくさん文章を読み込まないと! 

に関しては、気をつけてはいるものの論理展開に気を向けていると、ついつい忘れてしまう....

例えば、日本語の「示す」、ぱっと思いつくだけでも、英語では
present, show, represent, indicate, demonstrate, articulate, prove, exhibit, designate, express, display, reveal, supply, express, explain, denote, produce, offer, suggestなどがあるが、状況に応じて的確な単語を選ばないといけないし、同じ単語を頻繁に繰り返してもいけない
一応、
Longman Language Activator
(類似単語&表現の解説→表現力を高める!はず)などを参考に努力してはいるが、まだまだ上手くやりこなすには時間がかかりそう。

、特に前置詞は、日本人にとってなかなか難しいものがある。これも読み込むしかないか
?! 

最後の、これが一番やっかい
だいたい、イギリス人でも、人によって
the をつけたりつけなかったりすることがある。
そういう場合、それぞれの根拠を聞いても、あまりはっきりしない。403
乱暴な説明 → 「オレは、そうする!」  “あ、そうですかぁ.........
” 
改善のための対策自体、見出しにくい......。
“どーすればいいんだーーーーーーー!!!” 405
やはり、これもたくさん読み込んで、少しでもイギリス人の感覚に近づけるしかないのか
?! →まずは、フィッシュ&チップスにクリスプス&チョコ食って、ビール飲んで、lazyになって、冬でも薄着して.....って違う?(苦笑)

ふ~。 

ま、どげんもこげんもなか!やるしかなかろうもん!220 
アリさんみたいに、少しずつでも、地道に..........
540

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 海と空をつなぐ青. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。