FC2ブログ
島国の秘密、探しています.........
海と空をつなぐ青
さすが!
2006-07-22-Sat  CATEGORY: 熱闘広辞苑

《22日》

* 第11回 熱 闘 広 辞 苑 
 
ルール説明:http://blog.goo.ne.jp/rakuda82/e/3ca4e56dde1cb2f2164ec7aaba72af7e
 
今回の記事が集まるページ:http://kijazz.blog59.fc2.com/blog-entry-74.html

***
小生は現在、イングランド北東部ダラムという街に住んでいる。
ここには、有名な?!世界遺産、ダラム大聖堂&城がある。
映画『リトル・ダンサー』の一場面でも、 http://www.kadokawa-herald.co.jp/official/little_dancer/
(※主人公のビリーが、バレエ専門学校の入学試験(面接)の際、控え室で他の受験生から声をかけられる場面)
受験生A:「どこからきたの?」
ビリー:「ダラム
受験性A:「あの、お城が有名なところ?」
とあるように、少なくともイギリスでは……

小生は、ダラムに来る前まで、ダラム大聖堂&城の存在を全く知らなかったが、初めてそれを目の当たりにした時、
すっげ~、405 さすが!世界遺産…………」、と思わずつぶやいた。
↓ 近くで見ると、その美しさ、荘厳さ、雄大さに圧倒される。
大聖堂アップ
↓ また、遠くから見ると、街の目印となって、これがまた存在感を誇示する。
ダラム駅裏から
※ http://www.de-club.net/sid/issue.php?pos=1&Issue=030


***
先日訪れたSalisburyでも、車窓からストーンヘンジの姿を発見したとき、同様に感嘆の声をあげた。 ※ http://www.de-club.net/sid/issue.php?pos=0&Issue=010
すっげ~、405 さすが!世界遺産………
↓ 近くで見ても、何とも言えない独特の雰囲気に魅せられてしまった。
Stonehenge
冷静に考えると、ただの“岩”なのに
.........すごいパワーだ、そう感じた。
 関連記事:http://ameblo.jp/onigiri15/entry-10012345798.html

***
日本にも、もちろん世界遺産に登録された遺跡がある。
最も有名なところでは、姫路城があげられようか?!
小生は、一度だけ、ここを訪れたことがある。
↓ 新幹線の姫路駅到着後、遠くにそれが見えた時、
あああ いいい
すっげ~、405 さすが!世界遺産
………」と、
これまた、上記2つの世界遺産と同様な感動を味わった。

ところで、これら、時代や地域が異なり、それぞれの形状や実利的機能も互いに違う遺跡に対して、小生はなぜ同様な感覚を抱いたのか? 
こんな疑問を抱いた時、ふと、小生の大阪時代の恩師による王陵の講義を思い出した(※講義をベースにしたものが出版されています。→ 都出比呂志
2000年 『王陵の考古学』 岩波新書、735円:税込み
その内容を手がかりに、それらの共通性をちょっと考えてみた。
そこで思いつくのは、王陵の場合と同様、見た目の特徴。

単純明快にして、(相対的に)でかい!高い!
つまり、目立つということだ。

目立つものを造ること、そこには作り手による何らかの意図が込められていると推測できる。
その意図とは、実際の用途とは別の、精神的側面
具体的に言うと、アイデンティティーの集約である。
精神的に人々をまとめること..........、
組織
or社会をスムーズに機能させるには、これはとても大切なこと。
上で触れた大型建築物は、作り手の偉大さを誇示すると同時に、おそらくそのようなことも、重要な役割として担わされていたことだろう。

そういう意味では、顕著な業績をあげた人物の銅像エッフェル塔や東京タワーetc)ビルテロによって破壊された世界貿易センタービルや東京都庁etcなども、類似した性格をもつと考えられようか?! 

※蛇足だが、恩師の話によると、大阪の梅田にあるM下電器(●ナソニック)のツインタワービルは、北から見ると、ツインビルの間に大坂城が納まるように設計されているとのこと。これは、豊臣秀吉が果たした天下(日本)統一の象徴である大坂城を手中にすることを意味するとか。

〔小結〕
これらの大型建築物(モニュメント)は、人々が欲するアイデンティティーの拠り所となる。
社会が大きくなり複雑となって、何かが分割されたり、新しく生み出されるときには、モニュメントが大きな力を発揮する。はじめは(今でもあるだろうが)、それが自然にあるであったり、大木であったりしただろうが
........

人間の創造力は、さすが!と、今回の小旅行(7/1720)を通じて感じた次第。
※小旅行については、後日報告します。

(了)

** 執筆者、カテゴリの記事及び本ブログは岩波書店及び同社刊『広辞苑』とは一切関係がありません。


スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
<< 2006/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 海と空をつなぐ青. all rights reserved.