島国の秘密、探しています.........
海と空をつなぐ青
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
キッカー
2007-10-14-Sun  CATEGORY: W杯

《14日》 

昨日、
20:00過ぎに帰り着いて、急いで飯食って、
ラグビーW杯準決勝のTV観戦(*後半から)

我が 
イングランド VS 因縁の41 フランス ←個人的には、最近お気に入り 

得点は、9-
 という白熱した展開(*フランス、リード)
フランスが、地元(パリ)の利ば活かして!?やや押し気味やった。
ばってん、前回覇者の
イングランドも意地で得点ば許さず。

後半、残り10分、イングランドがペナルティーば得て、
役者登場! 

ボールはきれいな放物線ば描いて、ゴ~ル! 
逆 転! 9-11) 

続く残り5分、スクラムで押し合い中、
役者が自分の得意なコースに位置どり。
ボールが出て、パスを受け、
スーパー・キック! 
wiukuinso
かんぺきっ! 405

ギャ~、ジョニ~! ← 黄色い どす黒い声援 

萌えた...。398 

そのまま、ノーサイド。

イングランド、2大会連続、決勝進出~!314 

予選では、
南アフリカに30数対0で負けたりして、不穏な空気が流れとったばってん、
徐々に調子ばあげてきた。 

決勝の相手は、今日行われる、
南アフリカ VS アルゼンチン の勝者。
上がってこい、
南アフリカ! 

それにしても、
ジョニ~・ウィルキンソン、かっこよかった~。
ゴール決めても、大はしゃぎせんで
ク~ルなところがまたイイ!218 

サッカーでは、ご存知右足ベッカム
!?が有名ばってん...、
ラグビー、左足
ウィルキンソン(ニューカッスル所属)もヨロシク!392 


今日は、これからタケちゃんとニューカッスルへ、
サッカーのチャリティー・マッチば観に行ってきまふ。

小生にとってのもう一人のヒーロー、
アラン・シアラー(小生と同年齢)が出るんだって。
shiara--

ばり楽しみ~。 

***** 

PS: 昨日は、サッカーEURO2008の予選もありました。 
イングランドは対エストニア戦。無事、-0で勝利!

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
終わった.......
2006-07-10-Mon  CATEGORY: W杯
《10日》

終わったね、W杯..........。(9日)
結果はご存知のとおり。

イタリア500おめでとう!!!315

最後の最後まで力を振り絞り、互いにすべてを出し切った感じの試合だった。
互いの持ち味を存分に発揮した、良い試合だった。

でも.............、

やっぱり~、ジ・ダ・ン.................。

一体何があったんやろ?
現役最後の花道を飾る、大事な大事な試合で..........。
しかも、延長後半あと少しで終了という時に........。


シアラーはじめ、他の解説者も言っていたけれど、どんな理由があれ、

故意の暴力は絶対に許されない!

退場処分は至極当然のことだが、ただどうも腑に落ちないのも確か
VTRで、彼がマテラッツィに激しく頭突きする場面が何度も流されたけど、その直前までは、そんな状態に至る雰囲気ではなかった。ジダンは笑顔さえ見せていた。

大方の見解は、当然、マテラッツィとのやりとりが原因とみている。またジダンは、昔から切れる癖があったことも伝えられている。試合中のいろいろな鬱憤が溜まっていたことも考えられる。もしかしたら、ちょっとした精神障害のようなもの(神のお告げがあったとか、悪魔がのりうつったとか?!)を患っていたのかもしれない。

それにしても、おかしい!なぜ??

この不可解な退場劇は、昨晩から今朝にかけて、ニュースで頻繁に取り上げられた。
イタリアの優勝が、一瞬かすむくらい...........。

W杯を最後に現役引退することを表明し、決勝に進んだ時点で、世界中が彼に注目していたことは、彼も十分自覚していたはず。彼の愛する家族はもちろんのこと、世界中の子供たちが彼のプレーを観ていることも................。

その時、ふっと思った。

彼は逆に悪名を馳せることになってでも、何か人々に強く訴え伝えたいことがあったのではないのか?! 教訓として、人々の心に深く刻ませたいことが、彼の中でずっと温められてきていたのではないか?!、と...................。

考えすぎ!彼を美化しすぎ!という声もあるだろう。
小生自身、そう思わないでもない

でも、最も注目を浴びる舞台&現役最後の花道、彼の唐突な行動とその時間帯、試合後のコメントなし、などを総合的に捉えると、そんな気がしてならない。
また、レッドをもらってピッチを去って行く、彼の仕草や雰囲気を見ていると、そう感じた...............。

最後まで、体のみで自分を表現したヒーロー........、お疲れさまでした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
やりおった、イタリア!
2006-07-05-Wed  CATEGORY: W杯

《4日》

1333年: 鎌倉幕府滅亡
1776年: アメリカ独立宣言
1954年: W杯で西ドイツ初優勝(対ハンガリーに3-2)

2006年: ドイツの優勝記念日に、ドイツは負けた.......。499

延長戦終了間際、イタリアやりおった!!500
土壇場で2得点の劇的勝利!!315

120分間、息をつかせぬ両者の攻防は、本当にすばらしかった!291
知力・体力・精神力、いずれも拮抗していた。

ダントツで、今大会No1の良質な試合

残りの試合で、これを上回る試合が観られるかどうか、楽しみ!290

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
は~...........
2006-07-02-Sun  CATEGORY: W杯

《7月1日》

イングランドの夏終わった.........。

16:00から、イングランド戦を観戦 with ルイス at New Inn

屋外のTVでイギリス人に混じって応援。
何度もチャンスを迎えて盛り上がったのに.......、291
あのアホのガキが、レッドもらいやがった。293
なんか、もう、お約束!みたいな感じ........。

10人になってからも、イングランドはよう頑張った
PKでは、4人中3人が外してがっかしたが、ま、しょうがなかかな!?
は~、それにしても何ともやりきれん..............。292

戦略的なことを言うと、やっぱりFWやな?!
個人的には、人選からまず問題があったと思うし、これまであまりやったことのない1トップが予想通り機能せず、適切でなかったとも感じる............。これは、MFの動きにも少なからず影響を与えた。

この状況は、日本代表とも似ている。
FWの選択フォーメーションの固定!!
今後のテーマだろう。

良かった点は、
安定したディフェンスと、両サイドのドリブラー(ジョー・コールとレノン)
この点は、これからも維持して欲しい。

これでまた、ポルトガルという因縁の相手を作ってしまった......。

次は、2年後ユーロ2008が大舞台。
マクラーレン新監督が、どのように上記の問題点を改善してくるか、注目やね!?

***************

落胆に打ちひしがれ、19:30に帰宅。
リアンの第一声、「Hopeless!..............。

食事して271、歴史番組『The Last Emperor(秦の始皇帝)』(Ch4)をリアンと一緒に観る。

部屋に戻って、21:00から、ブラジル vs フランス を観戦(後半


ジダンの華麗なプレーに、ほれぼれ。9
アンリのインサイドボレー&その後のクールな振る舞いに、うっとり。9
 (※ おい、ブラジル!アンリをフリーにするって、何考えとんのじゃ?!)

フランスは、ブラジルのお株を奪う鮮やかなドリブル&パス回しで、ブラジルを翻弄。
ディフェンスでも、組織&1対1の両方で集中力を発揮し、ブラジルのチャンスの芽を摘みとった。

意外や意外、フランス、かなり強いぞ!!498

シャワー&歯磨き、うだうだ。

23:20から、ITV1のハイライト番組を観て、寝る。75

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
W杯観戦、まだまだ続く....(その2)
2006-06-28-Wed  CATEGORY: W杯

《27日》

今日も朝から、普段どおり仕事。
でも、やっぱり午後になると気になるW杯.................

17:00、図書館前のパブ(New Inn)へ移動。275


ブラジル vs ガーナ の後半を観る。

T大ダラム校生のだいちに遭遇。彼も一人で観に来ていた。

う~ん、やっぱ、ブラジルすごかね!
ホントにサッカーを楽しんどる。 レベルが違う!
サッカーじゃなかばってん、昔、桑田&清原PL学園ずば抜けて強かったを思い出したバイ!

試合を重ねるごとに、完全に調子上げてきたな!?
不調!太りすぎ!と言われてきたロナウドもしっかり得点してきたし........。
カカロナウジーニョはあまり目立ってないけど、うまく周囲を引き出している。
相手の警戒心を逸らさせて、そろそろ、大一番では 爆発!する予感。


ところで、よう考えたら、このブラジル相手に得点したのは日本だけなんやな。
今更ながら、
ようやった、玉田!!

夜は、家で フランス vs スペイン

先発メンバーの平均年齢は、約5歳離れとったらしかばってん、結果としてはベテラン軍団の貫禄勝って感じやった。 
1次リーグ、あれだけ勢いに乗っていたスペイン。
息切れしたのか調子に乗ったのか、ようわからんけど、精彩に欠けていた。

守りの面では、アンリに気を遣いすぎた感がある。
うまいこと彼を何度もトラップにかけたけど、2列目のチェックを怠ってゴールを許した。
その点、フランスは冷静に状況判断したな!?

得点のきっかけとなったFKも、アンリを止めようとして与えた不用意なファウル。

なんだかんだ言っても、優れたFWの存在は大きかね!?

***********

これで ベスト8 が出揃った。

1.ドイツ vs アルゼンチン  (30日:金)
2.イタリア vs ウクライナ  (30日:金) 
3.イングランド vs ポルトガル  (7月1日:土)
4.ブラジル vs フランス  (7月1日:土)

さすがにここまでくると、どれもこれも好カード
めっちゃ楽しみ!!290
でも......、観戦仲間のけいちゃんてっちゃんが、先日日本に一時帰国してしまった.......。
さて、どこで観よう....................(汗)。13

追伸: 最近、審判の問題が表面化している。大事な試合に、変な影響を与えなければいいが.......。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
W杯観戦、まだまだ続く....(その1)
2006-06-28-Wed  CATEGORY: W杯

《26日》

朝から、普段どおり仕事。
でも、午後になると気になるW杯.................。

17:00、図書館前のパブ(New Inn)へ移動。275

イタリア vs オーストラリア の後半を観る。

始まってまもなく、イタリアが退場者(マテラッティ)を出す。
体力に物言わすオージーらの圧力が増す。
でも、強引なだけで単調な攻め。
ディフェンスが堅いことで有名なイタリアには、幸いした。
粘りに粘るイタリア
でも、得点機会はなかなか見えてこず........。

延長かと思われたロスタイム、左サイドから切れ込んだグロッソがPA内で自分で倒れ.................いや一応、倒されたことになって、値千金のPKを得る。
これをトッティが決めた。ごっつぁんゴール!
ちょっとオーストラリアを同情したけど...............、
10人相手にあれだけ攻めといて、早く決めんからや!

夜は家で、スイス vs ウクライナ

先日の大量イエローレッドカードが影響しているのか?! よく言えばきれい、悪く言えばちょっと迫力のない試合やった。それでも、互いの攻防は、予想以上におもしろかった。
結局、延長でも勝負はつかず、PK戦ウクライナが勝利
スイスは、今大会全試合無失点で切り抜けたのに.....、残念やったね!いや、ホントいいチームやった。今後、注目やな!?
それにしても、シェフチェンコPKまた外したね!
意外と気が弱いな?!あの大物(←人のこと言えんけど......汗)

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
日本の最終戦
2006-06-23-Fri  CATEGORY: W杯

《22日》

今日は、20:00から、楽天 vs ソフトバンク の試合を観て.....、
おっと違った、 日本 vs ブラジル の試合を観てきた at Howlands Farm

これまでの中では、最も向かっていく姿勢が見られ、玉田のすばらしいゴールも
見られたので、個人的には納得357。 ただ、改めて、日本を含めたアジア各国と世界との実力差を実感した試合&W杯でもあった。 

改善すべきは、おそらくすべてのにおいてであろう。 
そして、やはり、根本的解決策としては、教育が筆頭にあげられると思う。
これはどの分野においても通じることだが、将来の発展のためには、底辺の拡大&啓蒙活動がとても重要であると感じる。

小生はArchaeologyという一人文分野を専門にしているが、こちらはサッカーに比べ、はるかにマイナー........。底辺拡大の道は、遠く彼方まで続くが13文化に対する人々の意識&価値観を改善(←おおげさ)すべく、日々奮闘中。

お互い、やるべきことは山ほどあるが、
根気強く、一歩一歩、
前進していこうサムライブルー(日本代表サッカー)!!

とりあえずは、お疲れ様。291

PS: 昨日の試合後、中田が一人ピッチ上で横になり、両腕で顔を覆ったまま5分以上動こうとしなかったらしい。報道によると、目を真っ赤にしていたというから、泣いていたのだろう409。長年、海外に出て荒波にもまれ、孤軍奮闘してきた努力の結果を憂えたのか!? 
現実は、時に無情なり。 君ならやれる! 捲土重来 を期す。

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
38年ぶりの勝利が......
2006-06-21-Wed  CATEGORY: W杯

《20日》

イングランドの予選ラウンド最終戦(対スウェーデン)。
ご存知のとおり、結果は
2-2 のドロー。
グループ1位通過したものの.......、また、
スウェーデンに勝てなかった。
報道によると、38年間、イングランドはスウェーデンに勝っていないらしい。
よっぽど運がないのか?苦手意識が強いのか?(日本の韓国に対する関係みたい??)


それにしても、セットプレーでのイングランドのディフェンスは危うい292
連係がうまくいっていないというよりは、
集中力!
特にコーナーキックでは、ニアに立ったベッカムが棒立ちだったのが気にかかった。(何度も同じシーンがあって、危ない場面を招いた) 昨日、彼はFKも冴えなかったし、キャプテンとしての意気込みがいつもより欠けていた気がする.....。
それと、後半に運動量がガクッと減り押し込まれる欠点は、また解消されなかった。
(昨日の追いつかれ方は、ちょっと日本を観ている気がした。)

もちろん、良かった点もあった。290
1.ボランチに入ったハーグリーブス: これまで見た中で最も安定していた。相手の攻めの流れを摘んだり、攻撃の起点となったり。
2.左サイドバックのアシュリー・コール:勢力的にライン際をあがり、ジョー・コールが動くためのスペースを生み出した。守りでは、広範囲に動き回り、ボールをカット!

3.そして、何といっても昨日は、
ジョー・コール!!
想像力あふれるパスとシュート。果敢な切れ込み。堅実な守り。豊富な運動量。どれをとっても満点に近い働きだった。 (今回選ばれなかったが、日本の松井はジョー・コールになれる貴重な選手)  ※右サイドでベッカムが普段の調子でやっていれば、もっと得点機会が増えたはず。→相手の左サイドに引っ張られた感もあった。

次は、対 エクアドル
守りの修正をして、後半のペース配分さえ間違えなければ、十分勝てる相手。
集中して試合に臨み、ベスト8に進んで欲しい。

次戦: 25日(日) 16:00 Kick-off Live on BBC 1

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
グループリーグも終盤
2006-06-20-Tue  CATEGORY: W杯

《19日》

明日から、グループリーグの最後の試合(第3試合)が始まる。
すでにAドイツ、エクアドル Bイングランド(、多分、スウェーデン) Cアルゼンチン、オランダ Dポルトガル(、多分、メキシコ) E:ここはまだ(かなり混戦) Fブラジル(そこそこ混戦) G:ここもまだ(結構混戦) H:ここも(多分スペイン、ウクライナ) が、早々と決勝リーグ進出を決めた。
こう見てくると、順当にヨーロッパ南米の強豪が顔を揃えたね!
まだ決まっていないグループでも、ヨーロッパがかなり優勢。→楽しみが半減した感じがする。
とりあえず、今は日本496超奇跡の逆転勝利を切に願う!
あとは、アジアの雄、韓国505生き残りも。
※もちろん、イングランドも!決勝リーグで勝ち上がることを祈ってる。


【小生によるW杯開催前の予想(評価)】

 オランダ(バランスよく、あまり欠点がない。)
 アルゼンチン(オランダ同様。ただ、やや小粒。)
 イングランド(安定感あり。FWに不安。)
 ブラジル(爆発的攻撃力。やや守備に不安。)
(注) チェコポルトガル

う~ん、我ながら鋭い!?(自画自賛) 
日本も、早くこの中にくい込んできてくれ~..............

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
やっぱり、
2006-06-19-Mon  CATEGORY: W杯

《19日》
韓国505 は、選手&応援の気迫気合が違うね! 42
改めてそう実感した、
昨日(18日)の対フランス.......

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
は~
2006-06-19-Mon  CATEGORY: W杯

《18日》

今、日本の第2戦、観てきました496 at Walkabout

とりあえず、川口でかした!(その後、危ないチョンボあったけど(汗))218
加地、ようやった!357
中澤、よう守った!426

あとは.................、良かったり悪かったり。
前試合同様、前半半ば過ぎ、後半に入ってさらにみんなバテバテ292やったね!? (特に俊輔は、体調が悪いのもあって、見てて痛々しかった。後半早い段階で、小野か遠藤に換えた方が良かった気がする。)
相手もかなり疲れとったけど.......。

いまいち、パスがつながらんし、ドリブル突破もほとんどなかった。
攻めあがってからの展開に、相変わらず多くの躊躇が見られた。
守りのミスには、冷や冷やさせられた。
FWは、機能してないし思い切りないし.........。292

良かった点と言えば、数本のミドルシュートかな?!291

全体的には前より良かったと思う。
ブラジルを脅かしたクロアチアと、そこそこ対等に渡りあえた。
でも.....、残念やけど.....、まだまだ世界のレベルじゃないな!?そう感じた。

最後のブラジル戦、結果はどうであれ、1点でもとって喜ばせる機会をつくって欲しい。
もう一度だけでいいから、お願い!!421  
あ、でも、もちろん勝てるなら勝ってよ!

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
セルビアが.......
2006-06-17-Sat  CATEGORY: W杯

《16日》

今、アルゼンチン vs セルビア・モンテネグロの試合が終わった(ネットライブでチェック!)。
皆さんご存知のとおり、アルゼンチンが、

なんと 
6-0
セルビアを下した。
あのセルビアが.........。たまげた!
これで、日本も少しは気が楽になるんやなかろうか?!

それにしても、いや~、サッカーは何があるかわからん!
これからも、一波乱二波乱といわず、たくさん波乱があるで、きっと!!
日本の感動的逆転劇を密かに祈りつつ......)


さっ、小生はこれから金曜日恒例のBad Footballに行ってまいりやす!

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
イングランドの第2戦
2006-06-16-Fri  CATEGORY: W杯

《15日》

17:00
から、イングランド vs トリーニダド・トバゴ 戦をTV観戦。                       (
with けいちゃんヤン君 at Howlands Farm) 
結果: 2-0 イングランド予選通過決定!!353

イングランド、今日は苦しかった。攻め手に欠いた
……。                                  トリニダード・トバゴは、堅実な守りとカウンターで自分たちの試合ペースをよく維持したと思う。そのキーパーソンは、キャプテンのドワイト・ヨーク!(※34歳。シドニーFCでカズともプレーした。) さすがマンUの中心選手(スタライカー)だっただけあって、イングランドサッカーの特徴をよく知っとる。4-1-4という変則的なシステムの真ん中(ボランチ)に入り、チームをきっちり指揮した。自らも果敢な動きとすばらしいパスでチームを引っ張った(※彼の股間にジェラードのシュートがヒットしたときは、ほんと痛そうやった →見ているこっちまで青ざめそうやった(笑))。無理にプレスに行かずゾーンを守って、ここぞという時は確実に相手の攻めの起点を摘んだ。攻めでも、少ないチャンスをより有効に活かしていた。いいチームだった。後半10人で、スウェーデン相手に0-0に持ち込んだのも頷ける。


イングランドは、後半徐々に(選手交代などもあって)両サイドを活かせるようになったけど、まだまだ本調子じゃないね。ロングボールが多すぎる。もう少し、相手陣内深くまで持ち込んで、もしくはパスでつないで相手を前に引き出しつつ使わんと、ロングボールの効果が表れない。そんな時間帯が、前半は続いた。疲れも見え始めた後半終盤、右サイドからベッカムがすばらしいボール(クラウチしか届かないボール)を送り、クラウチがしっかり決めた(ロボットダンスなくて残念....)。ジェラードのゴールはおまけやね!?でも、相手が点を取るため前がかりになってから、彼も逆に前に出始めていた(兆候は表れていた)。それまでずっと後ろで守っとったけんね!守りは、全体的によかったんじゃない?(危ない場面もあったけど)特にセンターの二人(テリー&ファーディナンド)はすばらしかった。ランパードも悪くなかったと思う。ミドルを何発も枠内(or枠付近)に飛ばしとったけんね!(※日本の選手とは大違い) 若干いつものキレがなかったけど、時間の問題やろ。心配ない。ルーニーは、まだ体が重い。オーウェンも動きはいいが、ここぞというときのキレがない。ジョー・コールは、いつものように自分の仕事をした。アシュリー・コール&レノンは前よりだいぶ良くなった。マクラーレンの愛弟子ダウニングも、まあまあ。キーパーのロビンソンは、不用意な飛び出しに不安が残る。


今日の試合観て、日本のことも考えてみた。237やっぱり両サイドがキーやね!前回は左右どっちもダメやった。きちんとパス回しができて、クロスの精度が高い人間を入れたほうがいいと思う。この際、小野でも小笠原でも稲本でも、いいんとちゃうかな?ま、あの人はそんなことせんやろうけど……


とにかく、日曜は絶対に勝たないかん!!


***************************************************


【サッカー記事1(16日付、日刊スポーツより)


* ドイツのファッション誌発表: W杯に出場している「最もセクシーな選手」(1万人の回答)


1位 リュングベリ(スウェーデン 42%)


2位 Cロナウド(ポルトガル 15%)


3位 ベッカム(イングランド 14%)、デルピエロ(イタリア 14%)


→ おじさんには乙女心がようわかりません……(汗)。どないですか?この結果。(どらまきんさんは、かなり異論があると思われます(笑))


 


【サッカー記事2】(16日付、日刊スポーツより)


* イギリスの調査会社発表: ビール消費大国はW杯強豪国?!国民1人当たりのビール年間消費量


1位 チェコ 216リットル


2位 ドイツ 134リットル


3位 米国   118リットル


4位 イギリス (100リットル以上)


5位 スペイン(100リットル以上)
…………


12位 日本(60リットル)237


→ 日本の選手っ、もっとビール飲みなさいっ!!275(笑)

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 海と空をつなぐ青. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。